韓国大統領選「ザックリ」解説しりぃ~ず2 韓国大統領はなぜ強い?

韓国の大統領に世界が注目

パクさんの罷免から数週間。韓国大統領選挙が近づいています。北朝鮮とアメリカの緊張が高まる中、次の韓国大統領が誰になるのか、世界から注目が集まっています。

そもそも韓国の大統領ってどんな役職なのでしょうか。

「韓国の一番偉い人やろ?」

確かにそれはそうですが、じつは韓国の大統領は、アメリカのトランプさんや日本の安倍さんよりもずっと強い権力を持っているんです。

一般的に、多くの大統領には大統領令や法案の拒否権といった強い権力があります。トランプさんが就任直後に中東の人々をアメリカに入れないようにした大統領令は話題になりましたよね。韓国大統領も、限定的ではありますが大統領令を出すことができます。

ちなみに、次の選挙で19回目ですが、韓国では選挙の回数を「第〇回」ではなく、「第〇代」と数えるそうです。日本の有名ダンス・ボーカルユニットの三代目〇 Soul Brothersみたいですね。

次の「K Seoul President」が誰になるのか、目が離せません。

そういえば韓国って首相もいたやんな?

ちなみにいま、韓国の大統領の仕事を行っているのはファンギョアン首相です。同じ大統領制でもアメリカと違い、韓国には首相がいるんですね。しかし普段、首相は大統領を補佐する役割に過ぎず、実質的な権限は大統領にあります。韓国の首相は、日本でいえば副総理(麻生さん)や官房長官(菅さん)あたりでしょうか。

大統領に弱点はあるん?

そのかわり多くの国の場合、大統領は議会に口を出しにくいという弱点もあります。アメリカでも、実はトランプさんが議会を訪れることができるのは年に数回。一方、韓国は日本のように閣僚が議員も兼任できるため、その弱点が薄いのです。つまり、大統領の強い権力がありながら、議会にも影響力があるということですね。

韓国大統領ならではの権限も

また韓国大統領にはアメリカ大統領や日本の総理大臣にはないような、独自の権限も存在します。その代表が「戒厳令」。戒厳令は法律の効力などを一時的にとめることができ、議会や行政を軍の統治下に置くことができる非常に強い命令です。韓国ではこの戒厳令を使って軍がクーデターを起こしてきた歴史があります。

このように韓国の大統領はほかの国と比べても強い権限を持っていると言えます。

なんですね。

韓国で大統領という職を5年間やり抜くと、お疲れさまでした、ということでめちゃくちゃ老後が安泰します。すこし大げさかもしれませんが「最高の福利厚生」レベル。

ただし、任期途中で罷免などによって退任した元大統領は、大統領警護室による身辺警護のみ受けるほか、退任後に禁固以上の刑が確定した場合は、全ての礼遇が剥奪されちゃいます。当然と言えば当然ですね。

このような強大な権力を持つ韓国大統領。その巨大な権力にあやかろうと、財閥トップなど権力者からの賄賂が問題視されています。実際に歴代の大統領やその親族の多くは収賄の容疑で逮捕されてきました。朴さんの場合も、一般人の友人が政治にかかわっていたり、サムスンのトップから賄賂を受け取ったりしていました。朴さんの罷免もこの強大な大統領権限と密接に関わっていたのです。

まとめ

これほど大統領の権限の強い韓国ですから、次の大統領が誰になるか、というのは韓国の将来を大きく左右する一大事なんですね。POTETOは5月から実際に韓国へとび、現地取材をする予定です。ぜひ次の記事もチェックしてみてくださいね。

各国の大統領権限

韓国大統領の持つカードの多さがわかります。

 

参考

http://www.lec-jp.com/h-bunka/item/v2/wtr/04.html